Hawaiibuff

ハワイ旅行が初めての人に知ってほしい失敗しないホテルの選び方!

はじめてのハワイ旅行、一緒に行く人やシチュエーションにもよりますが、ホテルの場所!立地条件で利便性が大きく変わります!アクティブなハワイ旅行を過ごしたい人、とにかくビーチでリラックスしてあまり動き回りたくない人。

それぞれ、選ぶべきホテルやホテルの場所というものがあります。

ダイヤモンドヘッドからみたワイキキホテル群

こちらはダイヤモンドヘッド山頂からみたワイキキエリアのホテル群。

こうしてみるとたくさんのホテルやコンドミニアムがみっしりとひしめき合っています。
ハワイと言ってもオアフ島はとっても広く、このワイキキエリア以外にも宿泊施設はたくさんあります。

代表的なのが、ディスニーリゾートホテルができたコオリナ地区のアウラニディズニーリゾート、芸能人がよく泊まるカハラ。ワイキキエリアより車で1時間ほどのアウラニディズニーリゾートは、小さいお子様がいる家族に人気ですし、カハラはワイキキから離れた静かな大人のリゾート。

友達やカップルで始めていくなら、ワイキキエリアのホテルを選ぶのが一番無難です!

友達やカップルで初めてハワイに行くならホテルはワイキキエリアで!

レンタカーも毎日借りて、どこでも自分たちでいけますよ!っていう人はホテル選びはそこまで重要じゃないかもしれませんが、ツアーでカネオヘ・サンドバー(天国の海)やカイルア・ラニカイビーチ、ハナウマ湾に行きたいなら、ツアーバスのお迎え拠点がたくさんあるワイキキエリアが一番。

カラカウア通りのホテル

ザ・バスをはじめ、トロリーもたくさん走っているので、どこへ行くにも交通の便もいいです。

アラモアナショッピングセンターからザ・バスでいろんなところに行けるので、友達やカップルで行く初めてのハワイならワイキキエリアがいいです。ワイキキビーチにすぐに行ける、カラカウア通りに面したホテルはとにかく便利。

ちなみにハワイのホテルは駐車場代も宿泊料以外に別途かかる事がほとんどなので、車を借りる場合は計画的に行く場所と借りる日数の計画を立てた方が安心。レンタカーだけで旅費が倍になることもありますからね。

夜遅くまで営業しているレストランやショップも多く、人通りも多いので安心して過ごせるエリアです。日本語がしゃべれるスタッフがどこにでもいるのがワイキキビーチエリア。

ハワイ旅行初心者さんで子連れじゃなければ、ワイキキは一番いいと思います。

プールの年齢制限ありなしも気を付けて!

子連れでゆっくりしたい、とにかく子供が楽しめれば。という人はディズニーを選ぶ人が多いですよ。ホテルのプールもワイキキでは何歳以下は入れないというところもあり、大人用プールと子供用プールが分かれていることもあります。

シェラトンワイキキホテルのインフィニティープール

こちらはシェラトンのプール。シェラトンワイキキリゾートホテルは大人用プールと子供用プールが分かれています。子供用プールは塩素のにおいがきついんです。

大人用のインフィニティープールは塩素の処理も特別にされていて肌あたりもいいです。インフィニティープールは16歳以上と年齢制限もあります。シェラトンのインフィニティープールは大人のカップルが浮輪にもたれながらラブラブしています。プールからの眺めはプールと海が繋がっているように見えて素敵です。

ホテルによってはプールの深さが2m以上あるところもあるので、子連れの場合はプールの年齢制限などもホテル選びの際に調べておいた方がいいです。

ホテル選びはバスタブのありなしを必ずチェック!

日本のホテルはバスタブがあって当たり前ですが、海外のホテルは高級ホテルでもバスタブがついていないことも!ツアーでもホテルの部屋のバスタブの有無が選べなかったり、予約の最後の確認画面で小さく【バスタブの無し】と書かれていることも!

トランプホテルのバスタブ

ANAのハローツアーでモアナサーフライダーのホテル宿泊プランを選んだ時に、バスタブはありません。って書かれていたのには驚きました。モアナサーフライダーで1部屋料金もそこそこするのにバスタブなしとは。しかもハイアットリージェンシーワイキキのようにあったかいジャグジーがプールについているとかならまだしも。

シャワーしかないのはちょっと私はNGでした。ハワイは夜になると時期によっては普通に肌寒いですし、プールや海で体が冷えたり、レストランの冷房で体が冷えることもあるので、バスタブにゆっくりつかって日焼け止めもきちんと洗い流したい人にはシャワーだけだときついですよ。

この写真はトランプワイキキリゾートホテルのバスタブ。トランプのこの部屋のバスタブは四角張ってて、深さがあるタイプ。シェラトンワイキキやシェラトンPK、ハイアットリージェンシーは普通の寝そべってつかる浅いタイプのバスタブだったのに対して、トランプのバスタブは深めだったのでお気に入りです。※部屋タイプによってもバスタブは違います。

 

ここだけは行っておきたいハワイの名所

アクセスランキング

Follow ME

TOP