Hawaiibuff

ハワイの人気店のあのメニューをお持ち帰り♪安くて早くてお得!

ワイキキの人気レストランからハレイワ、カイルアエリアまで。時間がないとき、待ち時間が長いときはお持ち帰り(TO GO)が断然お得。意外と何でも持ち帰れます。
お持ち帰りのメリットやこんなものも持ち帰れるの?というメニューまで紹介しますね!

ブーツアンドキモズのマカダミアナッツソースのパンケーキお持ち帰り用

どこのエリアでも日本で有名なレストランは待ち時間があって当たり前。
時間帯にもよりますが、ウェイティングリストを眺めると、すでに名前がずらり。

このまま待つか、また次回にするか?(※ツアーの場合は自由時間が限られる。)

とっても悩みどころですよね。そんな時に、持ち帰りができるか?聞いて人気メニューを持ち帰る!というのもありですよ!写真はカイルアのブーツアンドキモズのマカダミアナッツパンケーキ。

これはカイルアビーチに持って行って食べてもOKですし、ワイキキのホテルまで持ち帰ったこともありますよ。ブーツアンドキモズはいつも外に人が並んでます。持ち帰りの方が待ち時間が短いんです。

人気レストランの食事も持ち帰る!チップやドリンク代分安いしお得

こちらは、チーズケーキファクトリーのチキンとガーリックのファッファルレ。
チーズケーキファクトリーは夜、いつも人が外にまで並んでいることも多いので、持ち帰りが早く食べれます。持ち帰り用の容器もしっかりとしたプラスチック。店内は冷房もきついので、疲れているときは迷わずお持ち帰りをお勧めします!

チーズケーキファクトリーのチキンとガーリックのファッファルレ

デザートのケーキも持ち帰れますよ!チーズケーキファクトリーのケーキ、食事のお持ち帰り用レジはケーキのショーケースの並びにあります。こちらはキャラメルチーズケーキ。

チーズケーキファクトリーキャラメルチーズケーキ

遠いエリアの名店はその場で食べずに持ち帰る!

こちらは、ハレイワの有名なレイズのフリフリチキン。鶏肉が丸ごと1匹そのまま炭火で焼かれています。味付けもおいしくて、持ち帰りもOK。ハレイワはシュリンプトラックもあるし、シェイブアイスや有名なカフェのケーキとかたくさんあるので、すべて食べるのはきつい!なので食べれないもので冷めてもおいしいものは持ち帰って食べるのもありです!私はフリフリチキンは持ち帰りました。

レイズのフリフリチキン

最近はこういった有名店もワイキキに小さな店舗を持っていたりもします。レイズはパウハナマーケットにも小さいながらもフリフリチキントラックがあります!胃袋はひとつ!食べたいものは計画的に!

疲れているときは迷わず持ち帰りを選びましょう!

朝からハワイのアクティビティを楽しんでしまうと、夜はぐったり。きちんとした格好でレストランに行く気力が残っていないことなんてよくあります!そういう時は迷わず持ち帰りを選びましょう。

ワイキキのレストランは大抵のメニューが持ち帰りOK。しかもレストランで席が空く時間を待つより早くお持ち帰りができるので、疲れているとき、わざわざ待つ必要もありません。

大抵のお店が持ち帰りメニューは10~20分でもって来てくれますよ!

こちらはP.Fチャンズのベジタブルグリーンカレー。P.Fチャンズはバーカウンターの方にお持ち帰り用のレジがあるので、そこでオーダーしましょう。

P.Fチャンズのベジタブルグリーンカレー

お酒を飲む元気がないとき、疲れて早く寝たい時。明日も早朝から予定があるときなどはサクッとお持ち帰りで済ませるのがお得。

ちなみにレストランに入ると、ドリンクをオーダーしたり、20%のチップを払うので、なんだかんだ2人で40~60ドルになってしまうことが当たり前。

持ち帰りの場合はチップは払わなくてもいいですから、その分お得です。
(50ドルのチップは20%払う場合、10ドルになってしまいますからね。)

そして2人だと、1皿の量が多すぎて食べきれないことがしばしば。結局1~3皿しかオーダーもできないので、女同士のレストランでの食事はコスパが悪いんですよね。

3人以上で行くならいいのですが、2人だとどうしても食べれる量に限りがあります。

ただでさえ、数日ボリュームのあるハワイフードを食べると胃も疲れてきますから。
ホテルのラナイでゆっくり持ち帰った料理をABCストアで買ったビールやワインで楽しむのが私は好きです。

レストランと違って、まだある行列や店内のせわしなさを気にする必要もないですからね。
(私の場合、外に列が見えると、早く食べてさっさと出てあげないとと思ってしまう。)

ちなみに、持ち帰り専用のレジがあるお店もあるので、列に並ぶ前にお店の人に持ち帰りを頼みたいというのが賢明ですよ!

(※英語でのお持ち帰りはテイクアウトではなく、トゥーゴー(TO GO)です。)

ここだけは行っておきたいハワイの名所

アクセスランキング

Follow ME

TOP